当選数字の出現回数 - BIG通信

当選数字の出現回数 - BIG

当選数字の出現回数を表示しています。
出現回数の期待値は 3,092 回 です。
期待値以上の数字は当選しやすい数字です。

当選数字は「1」の率が高く、「0」の率が低い傾向になっています。
ホームチームが勝ちやすく、引き分けが少ないことがわかります。

  • ホームチームが勝ちの場合は「1」
  • ホームチームが負けの場合は「2」
  • 引き分けの場合は「0」

当選数字出現回数発生率
*155回2%
02321回25%
13801回41%
22999回32%


BIG の当選条件
毎回、サッカーの試合はホーム、アウェイのチームが決まっており、試合結果を自動予想します。

ホームチームが勝ちの場合は「1」、ホームチームが負けの場合は「2」、引き分けの場合は「0」として、14試合の結果を予想します。

当選当選の条件
1等14試合一致 (すべて一致)
2等13試合一致 (1試合はずれ)
3等12試合一致 (2試合はずれ)
4等11試合一致 (3試合はずれ)
5等10試合一致 (4試合はずれ)
6等 9試合一致 (5試合はずれ)

キャリーオーバーとは
1等の当選がない場合、次回の当選金に繰り越すことをキャリーオーバーといいます。
前開催回から繰り越された配当金のことで、その配当金は次回の1等配当金に繰り越されます。

「BIG」の1等の当選金は最高3億円ですが、キャリーオーバーになると次回の当選金が最高6億円になります。





Copyright (C) BIG通信 All Rights Reserved - サイトマップ